多言語習得のために便利なブラウザ+AI翻訳+音声読み上げ+音声認識

多言語習得のためのブラウザ+AI翻訳+音声読み上げ+音声認識

「ブラウザ(読む)」には翻訳機能がついているものが多いので、「AI翻訳+音声読み上げ(聞く、理解する)」「音声認識(話す)」「自動翻訳(書く)」と、ここまでブラウザの機能を利用して、多言語の4つのスキルの独学と効率アップが可能ではないかと考えました。
 今回は、効率的に学習ができる最新情報をいろいろ調べてみることにしました。

一般的に人気のブラウザ Firefox、Google Chrome、Safari、Microsoft Edgeについて

各ブラウザの主な特徴はこんな感じです。

・Firefoxは、プライバシー保護に優れているとされています。
・Google Chromeは高い拡張機能の数や使いやすさで人気です。
・SafariはMacを使用するユーザー向けに標準搭載されているブラウザです。
・Microsoft EdgeはWindowsを使用するユーザー向けに提供されています。

私はWindowsユーザーですが、今まで、Google Chromeをメインに使用していました。久しぶりにMicrosoft Edgeを使用したら、外国語学習にはこちらのほうが向いていると気づいて、最近はメインブラウザを変更しました。

その理由についてはまた別の機会にお話しします。
今回はブラウザとAI翻訳と音声読み上げ、音声認識を多言語習得に活用する方法についてです。

外国語習得のためにいろいろなWebサイトがありますが、ここで、それに適したブラウザというものを検証してみたいと思います。このあたりは、AIのほうがよくご存じなので、さっそく聞いてみました。

AI翻訳を使ったブラウザでの外国語の概要理解/AIに聞いてみました

ブラウザに入っている翻訳ソフトの種類について教えてください。

ブラウザには、いくつかの種類の翻訳ソフトが搭載されています。以下に、一部のブラウザで搭載されている翻訳ソフトの種類を紹介します。

Google 翻訳:
Google ChromeやFirefoxなどのブラウザで搭載されている翻訳ツールです。ウェブページを自動的に翻訳することができます。

Microsoft Translator:
Microsoft EdgeやInternet Explorerなどのブラウザで搭載されている翻訳ツールです。ウェブページを自動的に翻訳することができます。

Safari 翻訳:
Safariブラウザで搭載されている翻訳ツールです。ウェブページを自動的に翻訳することができます。

Opera 翻訳:
Operaブラウザで搭載されている翻訳ツールです。ウェブページを自動的に翻訳することができます。

これらの翻訳ツールは、自動的にウェブページを翻訳するだけでなく、個別の文章を手動で翻訳することもできます。また、翻訳結果を修正することもできます。使用するブラウザや個人的な好みに応じて、翻訳ツールを選択することができます。

引用元「OpenAIのAssistant」

各ブラウザには、別のAI翻訳がついているのですね! とても進化が激しい分野ですので、たぶん2022年ではこの情報よりも新しく、仕様が増えているかもしれません。

また、自動翻訳は正確な訳ではありませんので、概要の把握や単語の意味を調べるぐらいにとどめます。単語の意味も、その場の状況によっては単語帳の数少ない語彙では当てはまらない場合も多いので、単語は別途、学んだほうが良いと思います。AIはあくまでも、補助ツールとして私は考えます。

外国語の勉強をするには、発音も聞かないと頭に入らないということがよくわかりましたので、音声読み上げソフトのこともAIに聞いてみました。イラストを見たり、ネイティブ発音が聞けるのは、AIならではの学習方法だと思います。

音声読み上げソフトを使った外国語のヒアリング/AIに聞いてみました

各ブラウザの音声読み上げソフトの種類について教えてください。

各ブラウザには、異なる音声読み上げソフトが搭載されています。以下に、一部のブラウザで搭載されている音声読み上げソフトの種類を紹介します。

Google テキストを音声に変換:
Google Chromeブラウザで搭載されている音声読み上げツールです。テキストを自動的に音声に変換することができます。

Microsoft Read Aloud:
Microsoft Edgeブラウザで搭載されている音声読み上げツールです。テキストを自動的に音声に変換することができます。

Safari Reader:
Safariブラウザで搭載されている音声読み上げツールです。テキストを自動的に音声に変換することができます。

Opera 音声読み上げ:
Operaブラウザで搭載されている音声読み上げツールです。テキストを自動的に音声に変換することができます。

これらの音声読み上げツールは、自動的にテキストを音声に変換するだけでなく、個別の文章を手動で音声に変換することもできます。使用するブラウザや個人的な好みに応じて、音声読み上げツールを選択することができます。

引用元「OpenAIのAssistant」

音声認識を使った外国語のスピーキング/AIに聞いてみました

各ブラウザに搭載されている音声認識ソフトについて教えてください。

各ブラウザには、異なる音声認識ソフトが搭載されています。
以下に、一部のブラウザで搭載されている音声認識ソフトの種類を紹介します。

Google 音声入力:
Google Chromeブラウザで搭載されている音声認識ツールです。マイクを使用して音声をテキストに変換することができます。

Microsoft Dictation:
Microsoft Edgeブラウザで搭載されている音声認識ツールです。マイクを使用して音声をテキストに変換することができます。

Safari 音声入力:
Safariブラウザで搭載されている音声認識ツールです。マイクを使用して音声をテキストに変換することができます。

Opera 音声入力:
Operaブラウザで搭載されている音声認識ツールです。マイクを使用して音声をテキストに変換することができます。

これらの音声認識ツールは、マイクを使用して音声をテキストに変換することができます。使用するブラウザや個人的な好みに応じて、音声認識ツールを選択することができます。
引用元「OpenAIのAssistant」 

なるほど、あっという間にいろいろ教えてもらえました(^m^)
その後も、詳しく聞いてみましたが、各社が別々のツールを導入していることがわかります。

英語だけでなく、この機能を使えば、主要言語はほとんどこの方法でいくらかわかるようになりそうですし、物凄い時代になったものだなあと感心しました。

【レアジョブ英会話】オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR