リスト取りに必須のランディングページのご紹介

LPtools Kindle出版支援
リスト取り

Kindle出版をビジネス活用しようと思ったら、どうしてもマーケティングの勉強が必要ですよね。

私もやっと・・・
ランディングページ作成ツールを購入しまして、初めて作成してみました!
達成感がハンバありません(*^^*)
以前、カラフルというのを持っていたのですが、うまく使えませんでした。

ランディングページ(LP)は必要だなと思ってはいたのですが、デザインや、コーディングが必要なので、遠い世界だと思っていました。

それがなんと・・・・

一昨日にツール購入してマニュアル動画見て、当日中に1枚できてしまったんです~💦
こんな感じにできました👇👇👇

7日で学ぶ【Kindle出版】無料メルマガ
LINE登録者へ3大特典!こんなお悩みありませんか?初めてのKindle出版で、何からやったらいいかわからない出版社に相談しても書籍化できなかったけど、電子書籍ってどう?セミナーや講演内容をまとめて電子出版した...


今回、作成したのは本格的なランディングページではなくて、LINE登録用でオプトインページといいます。もうやり方はわかったので、そんなに時間かからないと思います。

WordPressのことも、まだまだ初心者でコーディングもわからなくても全然大丈夫です。必要ありません。デザインもいろいろと用意されていますので簡単です。デザイナーもコーディングも不要でテンプレートもついています。それに、動画マニュアルや講義までついています。

なので、こんなに簡単にできてしまいました。ビックリしました。もっと早く巡り合いたかったです~

プロにお願いすれば、30万円から100万円もかかるといわれているランディングページが、これからは自分で短時間で作成できそうです。

もし、「自分もこういうのつくってみたいよ」と思われる方は、こちらから詳細を見てみてください。

LPtools(Affiliate Wave)

事前にWordPressのサイトが必要ですが、購入された方は半年間、無料でサーバーも貸してくれます。

そのツールでは、タイマーをつけた本格的なランディングページも作成できるようです。これから楽しみです💕