Kindle本から、紙の本(ペーパーバック)の作り方

書いたことは実現する

Kindle出版プロデューサーのあみきんです。

2022年から、AmazonKDPから紙の本が出版できるようになりました。
この記事では、概要をざっと説明していますが、
詳しい内容についてはnoteで解説していますので、
リンクを貼っています。


ペーパーバックのメリットは?

1.注文されてから1冊ずつ印刷をするので、在庫を抱える必要がない
2.印刷費用を価格に載せるので、元手がかからない
3.お会いしたタイミングで即手渡しできる
4.誤字脱字があったら、次の本が出る前に修正できる
5.出版時に、校正刷りを印刷費用のみで5冊まで注文できます。(+送料)

Kindleのペーパーバック出版は、自分で書いた本を電子書籍として出版し、Kindleストアで販売することができるサービスです。Kindleのペーパーバックは、従来の紙の本と同様に読書感覚があるため、多くの読者に受け入れられています。

本記事では、Kindleのペーパーバック出版について解説します。

Kindleのペーパーバック出版の流れと手順

Kindleのペーパーバック出版は、以下のような流れで行われます。

      1. Amazon KDP(Kindle Direct Publishing)に登録する
      2. ペーパーバックのフォーマットに合わせて原稿を作成する
        ・電子書籍ではURLでインターネットに飛ばすことができますが、紙の書籍ではそれができないので、URLはQRコードに変換します。
        ・ページ番号をつけ、マージン(余白)を設定します。
        ・原稿はpdf形式で保存します。
      3. 印刷用の表紙を作成する(背表紙も必要です)
        画像は高画質にしておく必要があります。
          カラー印刷(RGB/CMYK):350dpi
          グレースケール:600dpi
          モノクロ二階調:1200dpi
          web用画像:72dpi……(電子書籍は最低これでも大丈夫です)
        ※詳しい原稿作成の方法はnoteで解説しています。
      4. 作品情報、価格、販売地域などの設定をする
        タイトル、サブタイトル、キーワード、価格、国
        ペーパーバック印刷コストの計算
      5. 出版を申請する
        KDPの「本棚」から「ペーパーバックを作成」をクリックして
        必要事項を記載して、本の本文と表紙画像を挿入し送信。
      6. 審査が通ったら、Kindleストアに出版される
        出版完了したらメールが届きます。

Kindleのペーパーバック出版に必要なものとは?

Kindleのペーパーバック出版に必要なものは、以下の通りです。

      1. Kindle Direct Publishing(KDP)アカウント
      2. 原稿(Word、EPUBなどの形式で提供可能)
      3. カバーアート(JPEGまたはTIFF形式、高解像度で提供)
      4. 作品情報(タイトル、著者名、概要、ISBNなど)
      5. 価格設定、販売地域、ロイヤリティ設定などの情報

Kindleのペーパーバック出版の費用と利益について

Kindleのペーパーバック出版のロイヤリティレートは固定60%です。
ロイヤリティの計算は以下のようになります。

(希望小売価格 x ロイヤリティ レート60%) – 印刷コスト = ロイヤリティ

原稿作成や表紙制作などをプロにお願いすれば、お金がかかりますが、販売された本の売上のロイヤリティは60%で、そこから印刷コストが引かれたものが、ロイヤリティになります。印刷コストは本の大きさや印刷の色、ページ数によって、変わります。

Kindleのペーパーバック出版で成功するためのポイントとは?

Kindleのペーパーバック出版で成功するためには、以下のようなポイントがあります。

      1. 良質な原稿を用意する
      2. カバーアートにも力を入れる
      3. キーワード設定カテゴリ設定をしっかりと行う
      4. プロモーションマーケティングを行う
      5. Kindleのペーパーバック出版で失敗しないための注意点とは?
 

Kindleのペーパーバック出版で失敗しないためには、以下のような注意点があります。

      1. 著作権に注意する
      2. 販売地域や価格設定を慎重に行う(特に翻訳出版を行う場合)
      3. 書籍の品質に注意する
      4. プロモーションやマーケティングを急ぎすぎない
      5. 競合書籍との差別化を考える

Kindleのペーパーバック出版を始める前に知っておくべきこととは?

Kindleのペーパーバック出版を始める前に、以下のようなことを知っておく必要があります。

      1. Kindleストアは、世界各国で展開されているため、販売地域を選択することができます。
      2. 出版には審査が必要であり、内容に問題がある場合や著作権に問題がある場合は出版できないことがあります。
      3. Kindleのペーパーバック出版は、簡単に始められますが、成功するには時間や努力が必要です。

以上が、Kindleのペーパーバック出版についての概要です。自分で書いた本を出版して、多くの読者に届けることができる貴重な機会ですので、ぜひ、挑戦してみてください。

https://note.com/streamroom/n/ncb99732eb704
「Kindle出版 7日間無料体験」ChatGPTでKindle出版をより効率的に進めよう!
ChatGPTでKindle出版をより効率的に進めよう! このサービスは3/23日で終了します 「Kindle出版 7日間無料体験」を申し込んで、初めてのKindle出版に挑戦してみませんか? 今後、このコンテンツは有料に...