ライティング時に、リアルタイムで音声入力する3つの方法

ライティング時に、リアルタイムで音声入力する3つの方法

軽いミーティングや覚書、個人使用に利用できます。
Kindle書籍の執筆の下書きなどにも便利ですね。

ブラウザからオンラインで、リアルタイム音声入力する

オンラインでURLを共有して、複数人の会話でも文字起こし可能です。正確な記述にはマイクを使用することがポイントです。

Google Chromeブラウザ/Googleの「Google Voice」

── Google ドキュメントを利用して、音声入力が可能です。
※ツール⇒ 音声入力⇒ 「🎙」をタップして話す
終了時はマイクをもう一度タップ。
デメリット……「句点」「読点」などと言わないと、句読点を書いてくれません。

私は同じようにブラウザアプリから音声入力しても、PCより、iPhoneから入力したほうが認識率が高いので、同時にURL共有して、iPhoneから音声入力しながらPCで修正するようにしています。

たぶんマイクの性能によるのだろうと思いますので、PCに性能の良いマイクをセットした場合は、もっと良い結果があるかもしれません。

Wordから音声入力する

Microsoftの「Windows Speech Recognition」

── Microsoft Wordのマイクボタンから音声入力が可能です。
※Wordを開いて
ホーム> ディクテーション「🎙」をタップして話す
終了時はマイクをもう一度タップ。

句読点の入力をしたい場合は右上の「設定」を開いて、「句読点の自動入力を有効にする」をオンにします。

翻訳機能もあります

UDトーク/iOS・Android版(アプリ)

※アプリを起動したら、「トークを始める」をタップ
「タップして話す🎙」ボタンを押すだけです。
翻訳機能もあります。
(PC版は、単体では機能しません。修正専用)

ほかにもたくさんの方法がありますので、順次ご紹介していきます。

 

AIライティングツール Catchy(キャッチー)
AIがライティング【Catchy】 こんにちは、あみきんです。 Webライターさんやコピーライターさん セールスライターさん、そしてKindle作家の皆様、 ライティングに時間がかかって困っていませんか? また、どん...