あなたが無名でも、電子書籍出版はできます

あなたが無名でも、電子書籍出版はできます

無名の人が初めて出版をする場合は、印刷コストがかかりリスクのある自費出版より、物理的な本よりも投資が少なく、手続きも簡単な電子書籍のセルフ出版をお勧めします。 

出版の世界に不慣れな著者として、あなたが多くの知識、経験、または情熱を持っている場合、社会的に認知度を上げるために、電子書籍は良い考えです。自分の得意分野で出版することは執筆プロセスを容易にし、本はより信頼できるものとして認識されます。 

まずは、難しい専門的な本より、一般向けの「実用的な本」や「ハウツー本」から始めることをお勧めします。このタイプの本は通常、特定のトピックに関する明確で実用的な情報を提供することに重点を置いており、他の種類の本よりも簡単に作成できます。 

さらに、実用的な本やハウツー本は、特定のターゲット層にアピールする可能性が高く、SNSを利用した本のマーケティングと宣伝が容易になります。さらにAmazonにあなたの本が陳列されることで、あなたの本が手に取りやすくなり、多くの人に伝わりやすくなります。 

また、電子書籍の特徴として、紙の書籍よりもスピーディーに出版できるため、最先端分野の情報をまとめたものはさらに愛称が良いでしょう。 

 

ただ、出版社から本を出す場合は本が読者の手元に届くまで、それぞれの専門家がお手伝いしてくれますが、セルフ出版は、自分の力で業界リサーチから企画・編集、執筆・推敲、校正、表紙作成から、さらに、本のプロモーションまで自分の力で企画する必要があります。 

それらのモチベーションを保つために、最も重要なことは、あなたが情熱を注いでおり、知識が豊富で、信じている本を書くことです。あなたが書く本の種類は、あなた自身の目標と興味、そしてあなたのターゲット層の興味と一致する必要があります。 

AmazonのKDPでは、Amazonのアカウントさえあれば、誰でも電子書籍を出すことができる時代になりました。今まで、本を出してみたいと思われていた方は、このチャンスを生かして、電子書籍出版に挑戦してみてもいいかもしれませんね。

今なら、無料お試し7日間💕Zoomミーティングつき