AIライティングツール Catchy(キャッチー)

AIがライティング【Catchy】


 


こんにちは、あみきんです。
Webライターさんやコピーライターさん
セールスライターさん、そしてKindle作家の皆様、
ライティングに時間がかかって困っていませんか?

また、どんなツールがあるのか、気になっていませんか?

最近、AIライティングが気になって、いろいろと調べ中です。

今では、企業のWebサイトやニュースサイトなどはAIが書いている比率も高いと聞きます。どんなツールがあるのか、そしてどんな感じでライティングしてくれるのか気になったので、さっそく試してみました。

 

この記事を読めば、話題のAIライティングのツールや、AIライティングの実際の出力データや言葉遣いがどの程度、人間に近いのかが手に取るようにわかります。そして、AIライティングの使い方のコツなど、イメージが掴めるようになる筈です。

最初に紹介したいのは、なんといっても有名どころのAIがライティング【Catchy】 です。

AIがライティング【Catchy】 – 国内最大級のAIライティング

国内最大級のAIライティングアシスタントツール。キャッチーは、マーケティングに最適な文章を自動で生成するAIライティングアシスタントサービスです。

さっそく、実際にデータを入れ込んだ様子をお見せしましょう。

>8……>8……>8……>8……>8……>8……>8……>8……>8……>
👆
ここから、上の文章をCatchyに入れて加工してみました。

いろいろな編集方法があるのですが、今回は、「要点をベースにして文章を簡単に膨らませます」「丁寧」というものを選択して、そのまま載せてみたのが下記の例です。編集したいタイプ(のちほど詳細を書きます)の目次の項目を選択して、選択肢があればを選択して、ポチッとするだけです。超簡単♪

Catchyで加工後の文章

AIライティングツール キャッチー こんにちは、アミキンです。Webライター、コピーライター、セールスライター、Kindle作家の皆さん、時間のかかるライティングでお困りではありませんか?また、どのようなツールがあるのか気になりませんか?最近、私はAIライティングが気になり、いろいろと調べています。企業サイトやニュースサイトなどでは、AIによるライティングの割合が多くなってきていると聞きます。どんなツールがあるのか、どんな風に書いてくれるのか気になったので、さっそく試してみました。この記事では、人気のAIライティングツールを実際に使ってみて、AIライティングの実際の出力データや文言がどれだけ人間のそれに近いのか。そして、AIライティングの使い方のイメージがつかめるはずです。

Catchyの最大の魅力は、ユーザーが特定のキーワードやフレーズを入力するだけで、コンテンツのトーンをカスタマイズできることです。より情報量の多いコンテンツにしたい場合は、「説明」「詳細」といった言葉を入力します。また、より主張・説得力のある内容にしたい場合は、「convince」「perspective」などの言葉を入力します。これによって、どんなAIライティングでも、適切なトーンを見つけるプロセスが、より簡単に、より速く行えるようになりました。さらに、私はCatchyがしばしば中学2年生のレベルから大学レベルの文章まで、ユーザーに大きな幅のある複雑さを与えていることに気づきました。

Catchy加工後文章

前半、改行が多めだったためか、ほとんどリライトしてもらえませんでした(-_-;) 何かコツがありそうです。

後半はCatchy自身のことなので、原稿を深堀して丁寧に言葉を加筆して丁寧に説明されています。これにはびっくりです。

これを見てのとおり、AIがライティング【Catchy】 に入れる原稿が完成データの結果につながるということは明白です。また、日本語⇒ 英語⇒ 日本語 に変換していく過程があるようで、日本語が多少おかしくなっていく感じもします。

またほかにもいろいろな編集のタイプがあります。
✅短文を長文に
✅文章をリライト
✅記事タイトル(トピックをもとに作成)
✅キャッチコピー(短め)
✅要点から文章を膨らませる

その他にも、
キャッチコピー、画像生成 AI、【期間限定】W 杯 ⚽️、マーケティング
広告、記事制作、事業計画、アイディア出し、企業メッセージ
Webサイト制作、文章作成、LINE、SNS、YouTube
メッセージ、漫画(New!)、書籍編集、自己分析、相談、その他など

たくさんの項目があります。

ただ、ものによっては、このまま使用するのはなかなかむつかしい感じもあると思いますので、執筆のアシスタントとして使ってみるのもいいかなあと思います。とにかくネタを入れるとスピーディーに書いてくれますので、特に書き出しで時間がかかってしまうときなど、導入部分で使用するというのもなかなか良いかなと思いました。

AIがライティング【Catchy】

Notion AI(AIライティング)

もう一つ、AIライティングツールをご紹介します。
こちらはまだサービス開始されていないようですが、予約ができます。

Notionが「Notion AI」というAIライティングの機能を発表した。 (2022/11/16) 

Notion AIもCatchyと同じように、文章作成、ブレインストーミング、編集、文章の要約など、ライティングアシスタントとして機能します。 
また使えるようになったら、レビューしたいと思います。

Waitlistに登録しておくと、アルファ版を使用できるそうです。
先着順なので、登録はお早めに!!⇒
Notion AI

あみきん